いま選ばれている美顔器を大手通販サイト楽天・Amazon・@cosmeのレビューから算出

コラーゲンドリンクのデメリット。副作用はあるのかどうか。

現代人の生活習慣とコラーゲン

外食やファーストフードを選ぶ人の増加により、肌トラブルを抱える人が増えてきました。
運動不足や栄養不足で関節の痛みなどに悩まされている人も多くいます。
その為、コラーゲンのような美容や健康に良いものが人気になってきました。

そもそも、コラーゲンとは

コラーゲンとは皮膚などを構成するタンパク質の一種で、その中でも弾力性があり、細胞と細胞を結ぶ働きがあります。
体内のコラーゲンは、20歳前後から徐々に減少していくと言われていて、それと共に肌のハリがなくなり、肌の老化に繋がったり、骨や関節の痛みを伴うようになってきます。
コラーゲンはタンパク質とビタミンCを一緒に摂ることで体内でコラーゲンになると言われています。
タンパク質の中でも動物性と植物性があるので、バランス良く摂ることも大切です。
しかし、毎日タンパク質とビタミンCを一緒に摂ることが難しい人もいます。
なので、コラーゲンを摂る為に活用すると良いものがコラーゲンドリンクです。
1日のコラーゲンペプチドの目安摂取量は骨や関節には10g、肌には5gと言われています。
しかし、食品に含まれているコラーゲンペプチドは少なく、食事から摂取することは難しいのです。
その為、コラーゲンペプチドを効率よく摂る為にコラーゲンドリンクがお勧めです。
コラーゲンペプチドが弾力を保てるのが1日程度なので、毎日摂ることが大切です。

コラーゲンドリンクの副作用について

しかし、コラーゲンドリンクを飲み、急激にコラーゲンが増える事で細胞がびっくりして吹き出物ができることもあります。
個々人の体質にも関わることですので、その場合、コラーゲンドリンクは急に大量には飲まず、少しずつ増やしていくことで問題がなくなってきます。
コラーゲンドリンクを飲むことで副作用が気になる人もいるかと思いますが、薬ではないので厳密には副作用に悩む必要もないといえますが、コラーゲンドリンクを飲まない方がいい人もいます。
例えば、日頃からタンパク質アレルギーの方やアトピー性皮膚炎の症状のある方です。
このような人たちはコラーゲン摂取でアレルギーが出ることが多いようです。

飲めば飲むほど良いわけではない

アレルギーがない人でも、1日に定められた摂取量をきちんと守ることはとても大切なことです。
それ以外でも妊婦や授乳婦もコラーゲンドリンクの摂取を控えることが大切です。
アレルギーを誘発する可能性があり、安全性についての十分なデータがないことから、ドリンクやサプリメントの摂取を避けるべきとあります。
健康上問題がない人がコラーゲンドリンクを飲むのはいいですが、アレルギーが出る可能性があることも頭に入れて摂取することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です